人生の節目節目で保険を考える方が多いようです

就職 ~自分自身のために~

就職
就職や親からの独立を機会に、保障も自立。
病気やケガで入院すると、働けず収入が減ることも・・・。
20~30歳代独身で保険に加入された方の約25%の方が、就職を機に保険に加入されているようです。
自分で保険に入り、将来のリスクに備えましょう。

結婚 ~パートナーのために~

結婚
守るべき家族ができる結婚。
保険に加入された20~30歳代既婚者の方の27%の方が結婚を機会に保険に加入されているようです。
万一に備えて、死亡保障を検討しましょう。
また、女性は妊娠すると病気のリスクが高まります。医療保障も忘れずに。

出産 ~子ども・家族のために~

出産
お子さまの誕生や、就学を機に保険に加入された方も結婚に次いで多くいらっしゃいます。
子どもが成人し独立するまでには、生活費だけでなく教育費など様々な費用が必要で、幼稚園から大学までの教育費合計で1,000万円を超えるとされています。
万一の場合でも、お子さまの未来を守るため、死亡保障を手厚くするとともに、あらかじめ、教育資金を積み立てておくことも必要です。

幼稚園から大学までの教育費合計(大学4年間は平均値にて算出)

すべて国公立 11,254,871円
すべて私立 24,682,587円

文部科学書 平成24年文部科学省 平成24年度「子どもの学習費調査の結果について」
独立行政法人 日本学生支援機構 「平成24年度学生生活調査結果」から作成

住宅購入 ~家計のために~

住宅購入
住宅ローンを利用する場合、団体信用生命保険に加入します。
団体信用生命保険の加入により、死亡保障が増えるため、ご加入の生命保険を見直すことができます。
住宅ローンの利用にあわせて、保険の見直しをすることで、家計の見直しにつながります。

セカンドライフ ~ゆとりある老後生活を送るために~

セカンドライフ
子どもや家族のための保障から、セカンドライフを満喫するために、「ご自身や配偶者の方のため」の保障に見直す時期です。
医療や介護などの保障の準備をしましょう。
また、ゆとりある生活のためには、退職金などのまとまった資金を運用するなど、資金の上手な活用も必要です。

ページの先頭に戻る