無料保険相談の流れ

STEP1 事前予約
STEP1 イラスト

ホームページもしくは専用ダイヤルで事前予約

事前予約していただくと、待ち時間なしでスムーズに相談いただけます
また、ご予約いただければ、平日の15時以降や休日の相談も承っております。
お気軽にご予約ください。
もちろん、予約なしで直接ご来店いただくことも可能です。
↓
STEP2 相談開始
STEP1 イラスト

お客様のご相談内容を明確化

お客様に、いきなり保険商品のご案内をすることはありません。ご相談内容を伺いながら、保険に関する不安や疑問を一緒に明確化していきます。

既に加入中の保険があれば、一緒に保障内容をご確認

既に加入されている保険があれば、保険証券をご持参ください。加入中の保険について、保障内容を説明し、一緒に確認していきます。
↓
STEP3 必要な保証を算出・アドバイス
STEP2 イラスト

お客様の希望や生活設計を確認しながら、
将来の必要なお金をシミュレーション

お客様の家族構成や職業、住宅購入などの生活設計をご確認。お子さまの教育資金や住宅ローンなど、これから必要な金額を算出し、家計の健康診断を行います。あわせて、保険で必要な保障についてシミュレーションします。
↓
STEP4 保証プランのご提案
STEP3 イラスト

必要であれば、複数の保険会社・商品の中から、
保障プランをご提案

ご加入の保険と必要な保障額を比べ、保険の見直しが必要かどうかをお客様とすり合わせ。「保障が多すぎる!」「保障が足りない!」など問題点があれば、問題解決に向けたお客様の希望に近い保障プランを複数の保険会社・商品から選び、ご提案します。
ご希望に沿えば、その場で加入手続きも可能です。
↓
STEP5 保険の申込手続き
STEP5 イラスト

ご提案した保障プランがお客様の希望に沿えば、申込み手続きへ

ご提案した保障プランが、お客様の希望に沿い、加入を希望される場合は、申込み手続きが可能です。ご契約後も、地域に密着した充実の営業店網で、しっかりとサポートいたします。
まずはお気軽に無料相談をどうぞ

生命保険に関するご留意点

ご検討にあたっては、「商品パンフレット」「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり」「約款」等を必ずお読みください。「商品パンフレット」「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり」「約款」等は熊本銀行本支店等にご用意しております。
熊本銀行は生命保険の募集代理店です。生命保険の引受は行っておりません。
生命保険は預金ではなく、元本保証はありません。また、預金保険の対象ではありません。
引受保険会社が破綻した場合には、生命保険契約者保護機構の保護措置の対象になりますが、ご契約の際にお約束した死亡保険金額・年金原資額・給付金額・解約返戻金額等が削減されることがあります。
商品によっては、国内外の株式や債券等へ投資しているため、投資対象の価格の変動、外国為替相場の変動等により、投資した資産の価値が投資元本を割り込むことがあります。死亡保険金額・年金原資額・解約返戻金額等が払込保険料を下回るリスクは、ご契約者が負う事になります。
外貨建ての保険の場合、外国為替相場の変動により、死亡保険金額・年金原資額・解約返戻金額等を円換算した金額が、払込保険料を円換算した金額を下回るリスクがあります。
商品によっては、ご契約時の契約初期費用のほか、ご契約後も毎年、保険関係費用・運用関係費用・年金管理費用等がかかる場合があります。また、一定期間内に解約された場合、解約控除や市場価格調整費用等がかかる場合があります。ただし、費用等は商品ごとに費用の種類や料率等が異なるため、記載することができません。詳細は、「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」等をご覧ください。
生命保険のお申し込みにあたって、円貨を外貨に転換される際は為替手数料が上記の各種手数料とは別にかかります。
ご契約中の生命保険を解約したり、一部解約した場合の解約返戻金は払込保険料を下回る場合があります。平準払の生命保険では商品によっては解約返戻金が全く無い場合もあります。
法令等の定めにより、商品によっては、お客さまの「お勤め先」や「熊本銀行への融資お申込み状況」等により、熊本銀行でお申込みいただけない場合があります。
商品によっては、被保険者に健康状態等について告知をしていただく必要があり、健康状態等によってはご契約いただけない場合があります。また、申込みの際に告知していただいた健康状態等が事実と違っていた場合などは、死亡保険金や給付金等をお支払いできない場合がございます。詳しくは「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり」「約款」等でご確認ください。
平準払の生命保険において、保険料のお払い込みがないまま一定の猶予期間が過ぎた場合、ご契約は効力を失います。また、商品によっては解約返戻金の範囲内で保険会社が自動的に保険料のお立替を行う「自動振替貸付」という制度があります。この場合、自動振替貸付について保険会社所定の利率で利息が発生いたします。また、自動振替貸付の元利金が解約返戻金額を超過した場合は、保険会社所定の金額をお払い込みいただく必要があります。お払い込みが無い場合、契約は効力を失います。詳しくは「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり」「約款」等でご確認ください。
生命保険にご契約いただくか否かが、熊本銀行におけるお客さまの他のお取引に影響を及ぼすことは一切ありません。
熊本銀行では、借り入れられた資金(他の金融機関での借入金を含みます)を保険料とする生命保険のお申し込みはお断りしています。
生命保険のお申し込みに際しては必ず、生命保険販売資格をもつ募集人にご相談ください。
株式会社熊本銀行

ページの先頭に戻る