このページの本文へジャンプする
  • 商品・サービス
  • インターネットでできること
  • 熊本銀行からのご提案
  • セミナー・キャンペーン
  • お手続き・お困りの方
  • 店舗・ATM
  • ローン金利
  • 預金金利
  • よくあるご質問
  • 各種手数料

投資信託

投資信託のポイント

投資信託ならではの魅力があります

投資信託のしくみ

【イメージ図】投資信託の仕組み

分散投資のメリットとは?

【イメージ図】分散投資のメリットとは?
株式、債券、不動産などの投資対象の価格は全く同じ方向へ動くというものではありません。ある投資対象の価格が下落しているとき、別の投資対象は上昇していることがあるのです。

いろいろなタイプから自分に合ったものを選べます

商品によりリスクとリターンの度合いは様々。
お客さまのニーズに応じた投資信託をお選びいただけます。
【イメージ図】いろいろなタイプから自分に合ったものを選べます

ファンドを選ぶ際に知っておきたいこと

地域を選ぶ

世界地図
投資対象となる地域は、国内と海外の市場に分けることができます。さらに海外は先進国と新興国に分けることができます。地域や国が異なれば影響を与える経済要因等も異なるため、各ファンドのバフォーマンスも異なります。

資産を選ぶ

投資対象となる資産
投資対象となる資産には株式、債券、リート(不動産投資信託)などがあります。それぞれの資産はその性格に応じて市場で異なる値動きをするため、各ファンドのパフォーマンスは投資対象とする資産によっても異なります。

運用スタイルを選ぶ

運用スタイルはインデックス運用(パッシブ運用とも呼ばれます)とアクティブ運用に分けることができます。インデックス運用はインデックスに連動することを目指す運用スタイルであり、アクティブ運用は各ファンドごとに異なる多様な投資戦略に基づき、インデックスを上回る運用成果を目指す運用スタイルです。各ファンドのパフォーマンスは、投資対象とする地域や資産の違いのみならず、運用スタイルの違いによっても異なります。
なおインデックスとは市場の値動きを数値化したものです。例えば国内株式では日経平均株価やTOPIX、米国株式であればニューヨーク・ダウなどが代表的なインデックスです。

投資信託に関するご留意点

ご検討にあたっては、「商品パンフレット」「投資信託説明書(交付目論見書)」等を必ずお読みください。「商品パンフレット」「投資信託説明書(交付目論見書)」等は熊本銀行本支店等にご用意しています。ただし、インターネットバンキング専用ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等は店頭窓口にはご用意しておりません。熊本銀行インターネットバンキングよりダウンロードいただくことでご確認いただけます。
投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。また、熊本銀行で取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
熊本銀行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は運用会社が行います。
投資信託は、元本保証および利回り保証のいずれもありません。
投資信託は、国内外の株式や債券等に投資しているため、投資対象の価格が、金利の変動、為替の変動、発行者の信用状況の変化等で変動し、基準価額が下落することにより、投資元本を割り込むことがあります。
投資信託には手数料等がかかります。ご購入から解約・償還までの間に直接または間接にご負担いただく費用には以下のものがあります。
*申込手数料 *解約手数料 *信託財産留保額 *信託報酬
*監査費用・有価証券売買手数料等その他費用
上記費用を足し合わせた金額をお客さまにご負担いただきます。
申込・解約時の手数料および信託報酬等は、投資信託ごとに異なります。また、その他費用は運用状況により変動します。したがって、事前に料率および計算方法等を示すことができません。詳細は、「投資信託説明書(交付目論見書)」等をご覧ください。
インターネットバンキングでの投資信託取引は、原則20歳以上の方に限らせていただきます。
販売会社情報
《商号等》株式会社熊本銀行 登録金融機関
《登録番号》九州財務局長(登金)第6号
《 加入協会》日本証券業協会
熊本銀行では、総合口座貸越等の利用による金融商品のお取引は、貸越利息等をお客さまにご負担いただくことになりますので、お取扱いしておりません。

お問い合わせ

ダイレクト
コンサルティングプラザ

0120-333-086携帯・PHSからもOK!

※受付時間:9:00~20:00(但し、銀行休業日は除きます)

株式会社熊本銀行 登録金融機関 九州財務局長(登金)第6号 加入協会:日本証券業協会
Copyright © Kumamoto Bank. All Rights Reserved.
FFG ふくおかフィナンシャルグループ