検索 閉じる
 
 
 

外貨預金

外貨普通預金

商品概要

商品名 外貨普通預金
商品概要 外国通貨建ての、期間の定めのない預金です。
預金保険 外貨普通預金は預金保険の対象外です。
販売対象 法人および個人のお客さま
期間 期間の定めはありません。
預入 (1)
預入方法
随時お預入れいただけます。
(2)
最低預入額
1通貨単位
(3)
預入単位
1補助通貨単位まで預入可能
(4)
預入通貨
米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル(NZドル)等
払戻方法 随時払い出し
利息 (1)
適用利率
適用利率はこちら
(2)
利払方法
毎年2月と8月の熊本銀行所定の日にお支払いいたします。
(3)
計算方法
毎日の最終残高について、付利単位を各通貨1補助通貨単位(米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドルの場合は1セント)とし、1年を365日とする日割計算。
(4)
税金
利子所得は法人のお客さまは総合課税、個人のお客さまは源泉分離課税(国税15%、地方税5%)として課税されます。
※平成25年1月1日以降は、復興特別所得税が課され20.315%(国税15.315%、地方税5%)の税率となります。
手数料および適用相場 お預入れ・お引出し方法や通貨により手数料等が異なるため、手数料等の合計額や計算方法をあらかじめお示しすることはできません。詳しくは後記「お預入れとお引出しに関わる手数料および適用相場」をご覧ください。
付加できる特約事項 ございません。
その他参考となる事項 ・10万米ドル相当額(ユーロの場合は10万ユーロ、豪ドルの場合は10万豪ドル、NZドルの場合は10万NZドル)以上のお取扱いの際は、お受付時点の市場実勢により適用相場を決定させていただきます。
・米ドル以外の通貨建外貨預金口座からのお支払いにより当該通貨建の送金を行われるときは、ご依頼日当日扱いではなく、翌営業日扱いとさせていただくことがあります。
・為替差益への課税は次の通りとなります。
法人のお客さま
総合課税
個人のお客さま
為替差益は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得の方で為替差益を含めた給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。為替差損は、他の黒字の雑所得から控除できます。他の所得区分との損益通算はできません。
詳しくはお客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願い申し上げます。

お預入れとお引出しに関わる手数料および適用相場

  お預入れ・お引出し方法 手数料・金利等
お預入れ 円の現金でのお預入れ
円預金からのお振替
為替手数料(例えば、1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1豪ドルあたり2円、1NZドルあたり2円)を含んだ為替相場である当行所定のTTSレートを適用
外貨現金での
お預入れ
キャッシュコミッション(外貨両替手数料)
通貨ごとに定める熊本銀行所定の手数料(例えば、1米ドルあたり3円、1ユーロあたり4円、1豪ドルあたり9.7円、1NZドルあたり8.7円)がかかります。
ただし、お取扱いできない店舗もございます。窓口でご確認ください。
外貨トラベラーズチェック(T/C)でのお預入れ 通貨ごとに定める熊本銀行所定の立替金利(メールデイズ金利)+リフティングチャージ(外貨受払手数料)
※リフティングチャージ(外貨受払手数料)
外貨額×1/20%×取扱日TTSレート(最低手数料1,500円)
ただし、お取扱いできない店舗もございます。窓口でご確認ください。
外貨預金からの
お振替
ご本人名義の同一通貨外貨預金通帳間のお振替は、手数料がかかりません。
到着した外貨送金でのお預入れ (1)海外の銀行からのご送金
リフティングチャージ(外貨受払手数料)
原則、外貨送金額×1/20%または、最低手数料(2,500円÷取扱日TTBレート)のいずれか金額の多い方を外貨送金額から差し引かせていただきます。
(2)国内の銀行からのご送金
国内の銀行からのご送金のお預入れは、手数料がかかりません。
お引出し 円の現金での
お引出し
円預金へのお振替
為替手数料(例えば、1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1豪ドルあたり2円、1NZドルあたり2円)を含んだ為替相場である当行所定のTTBレートを適用
外貨現金での
お引出し
キャッシュコミッション(外貨両替手数料)
通貨ごとに定める熊本銀行所定の手数料(例えば、1米ドルあたり3円、1ユーロあたり4円、1豪ドルあたり9.7円、1NZドルあたり8.7円)がかかります。
ただし、お取扱いできない店舗もございます。窓口でご確認ください。
外貨トラベラーズチェク(T/C)でのお引出し お取扱いいたしておりません。
外貨預金への
お振替
ご本人名義の同一通貨外貨預金通帳間のお振替は、手数料がかかりません。
外貨でのご送金にご使用 (1)海外の銀行向けのご送金
熊本銀行所定の送金関連手数料+リフティングチャージ(外貨受払手数料)
※リフティングチャージ(外貨受払手数料)
外貨送金額×1/20%×取扱日TTSレート(最低手数料2,500円)
(2)国内の銀行向けのご送金
熊本銀行所定の送金関連手数料
上記手数料には消費税等はかかりません。
米ドルの被仕向送金をユーロの外貨預金に入金する場合などのように、ご預金の通貨と異なる外貨との取引にかかる手数料は、上記のものとは異なります。

お取扱い時間について

円と外貨の交換レート決定の関係上、お取扱いは下記の通りとさせていただきます。
米ドル
10:00以降
その他の通貨
11:30以降

為替相場急変時のお取扱いについて

為替相場が大きく変動した場合には、お取扱いを一時中断させていただくことがあります。

税金面でのご留意点(個人のお客さまの場合)

為替差益が生じた場合は、雑所得として確定申告(総合課税の対象)をしていただくことになります。ただし、年収2,000万円以下 の給与所得者の方で、為替差益を含めた給与以外の所得が年間20万円以下であれば確定申告は不要となっております。また、為替差損が生じた場合は、黒字の 雑所得から控除することができます。 他の所得区分との損益通算はできません。
上記は、平成24年8月末日現在の税制により記載していますので、税制等は将来変更されることがあります。
詳しくは、専門の税理士にご相談ください。
外貨預金口座開設のお申込み方法
平成26年3月28日 現在

外貨預金に関する留意点

●ご検討にあたっては、「商品パンフレット」「契約締結前交付書面」等を必ずお読みください。「商品パンフレット」「契約締結前交付書面」等は熊本銀行本支店等にご用意しています。

●外貨預金には、為替変動リスクがあります。外国為替相場の動向等によっては、払戻し時の円貨額がお預入れ時の円貨額を下回るなど、「元本割れ」が生じるリスクがあります。

●TTSレート(円貨から外貨に替えるレート)とTTBレート(外貨から円貨に替えるレート)には差(米ドルであれば1米ドルあたり2円)がありますので、外国為替相場に変動がない場合でも、払戻し時の円貨額がお預入れ時の円貨額を下回り、「元本割れ」が生じるリスクがあります。

●TTSレートとTTBレートの差は往復の為替手数料に相当し、相場公表通貨における差は1通貨単位あたり最大8円です。

●外貨現金など外貨によるお預入れまたはお引出しの際には、原則、手数料(例えば、米ドルの外貨現金であれば1米ドルあたり3円)がかかります。相場公表通貨における手数料は1通貨単位あたり最大12円(外貨現金の手数料以外の手数料は最低1,500円以上)です。詳しくは窓口までお問い合わせください。

●外貨預金は、預金保険の対象ではありません。

※熊本銀行では、総合口座貸越等の利用による金融商品のお取引は、貸越利息等をお客さまにご負担いただくことになりますので、お取扱いしておりません。

外貨預金のお問い合わせ先

ダイレクトコンサルティングプラザ

0120-333-086

メニュー:【4】資産運用のご相談

※受付時間:9:00~20:00(但し、銀行休業日は除きます)