このページの本文へジャンプする
  • 店舗・ATM
  • ローン金利
  • 預金金利
  • よくあるご質問
  • 各種手数料

金融犯罪に対する熊本銀行の取り組み

お客様の「重大な過失」または「過失」となりうる場合(盗難通帳による預金等の不正な窓口払戻し)

1.重大な過失となりうる場合

お客さまの重大な過失となりうる場合とは、「故意」と同視しうる程度に注意義務に著しく違反する場合であり、その事例は、典型的には以下のとおりです。
(1)
お客さまが他人に通帳を渡した場合
(2)
お客さまが他人に記入・押印済みの払戻請求書、諸届を渡した場合
(3)
その他お客さまに(1)および(2)の場合と同程度の著しい注意義務違反があると認められる場合
(注)
上記(1)および(2)については、病気の方が介護ヘルパー(介護ヘルパーは業務としてこれらを預かることができないため、あくまで介護ヘルパーが個人的な立場で行った場合)などに対してこれらを渡した場合など、やむを得ない事情がある場合はこの限りではありません。

2.過失となりうる場合

お客さまの過失となりうる場合の事例は、以下のとおりです。
(1)
通帳を他人の目につきやすい場所に放置するなど、第三者に容易に奪われる状態に置いた場合
(2)
届出印の印影が押印された払戻請求書、諸届を通帳とともに保管していた場合
(3)
印章を通帳とともに保管していた場合
(4)
その他本人に(1)から(3)の場合と同程度の注意義務違反があると認められる場合
以上
TVCMギャラリー デジタルガイドブックライブラリー
  • 各種お手続きのご案内
  • 用語集
  • 外国為替公示相場
  • 投資信託基準価額
  • マーケット情報
マーケット情報
日経平均 米ドル/円
株式会社熊本銀行 登録金融機関 九州財務局長(登金)第6号 加入協会:日本証券業協会
Copyright © Kumamoto Bank. All Rights Reserved.
FFG ふくおかフィナンシャルグループ